夢を描くよ

人生のこと、服のこと、音楽のこと。あなたの背中を押すブログ。

夢を描くよ

MENU

悔しい、って気持ちが人を大きくする

 

 

昨日、中津川 SOLAR BUDOKANというフェスに行ってきました。

f:id:ryu-n-0225:20180924060950j:plain

DJダイノジが飲食ブースを出店する関係で、岐阜までお手伝いに。

 

それで、普段なら本当に手伝うだけなんだけど、今回はダイノジ大谷さんから、17時からのステージ撮影を依頼されて店を少し離れることに。

 

 

 

次のステージは少し離れてて、あんまり大きくないところで。

目立ちにくい場所にあったから、人来るかなぁって思ってた。

 

でも出番の時間前には、人、人、人。小高い場所にあったそこが、人で埋まってた。

日本で一番フェスに呼ばれるDJだから当然ではあるけど。

 

 

 

そんで、本番。

ダイノジ初めて見る」って言ってた人も、見てる人全員の心がひとつになってた。

 

誇張表現は好きじゃないし、お世辞を言うのも好きじゃない。いちスタッフとして見ていたけど、本当にすごかった。

 

 f:id:ryu-n-0225:20180924061022p:plain

 

それでそのステージを見終わって、すごく悔しい気持ちになった。なんで俺は見てるだけなんだろうって。

 

当たり前だけど、今の自分にはあれだけ人を夢中にできるステージを作ることはできない。

それができない自分が悔しかった。

 

 

そりゃ大谷さんは、ここまで来るのにすごい量の音楽を聞いて、お笑い芸人としてのトークスキルを磨いて、どうしたら人を熱狂させれるかを研究して。

とてもいまの俺じゃ比較にもならないけど。

 

 

だけど、「この人には勝てない」って思ったらそこで終わりだよね。

 

 

最近、こんなに悔しいって思ったことはなかった。

ライターとしても稼げるようになって、何を目指していけばいいのかぼんやりしてた。

 

 

どんどん悔しい経験していこう。

それを乗り越えることで、なりたい自分になれる。