夢を描くよ

人生のこと、服のこと、音楽のこと。あなたの背中を押すブログ。

夢を描くよ

MENU

自信がなかった僕が初めて自信を持てたきっかけ。

f:id:ryu-n-0225:20180424001517j:plain

子供の頃はとにかく自信がなかった。スポーツがちょっと苦手で、人とうまく話すことができなくて「友達」と言える人は少なかった。

 

一つ上の兄はなんでもできた。野球をやらせれば市の選抜に選ばれ、勉強もトップクラス。直接比較されたわけじゃないけど、親や周りの人から「弟は大したことないな」となんとなく感じてた。

 

いつも皆の中心になってるアイツがうらやましくて、真似をして笑いを取ろうとした。でもうまくいかなかった。

 

自分には取り柄なんてないのかな、と思ってた。取り柄がなくても、友達と楽しそうにしてる人が羨ましかった。友達がいないと思われたくなくて、頑張って絡みに行ってた。

 

 

自信を持てたきっかけは「歌」だった

 

 

昔から歌うことが好きだった。親もカラオケが好きで、毎週カラオケに連れていってもらっていた。

 

きっかけは修学旅行のバスの中。カラオケがあって、初めてクラスメイトの前で歌った。

 

「うまっ!!」

「え、これ誰が歌ってるの?」

 

それまで目立とうとしてスベってばかりだった奴が、初めて注目を浴びた。自分でも得意なことがあるって初めてわかった。

 

相変わらず自信はないけど、「自分には歌がある」っていうのが心の支えだった。

 

好きなことを突き詰めれば自信につながる

f:id:ryu-n-0225:20180424005044j:plain

 

それからバンドを初めてみた。上手いとは言われてもカラオケレベルだったし、バンドボーカルとしては下手くそだった。

 

でもステージの上ではなぜか自分は最強だと思えた。ステージの上でなら、自信がなかった自分がどこかに消えていた。

 

最近は、「これからの時代は好きなことでしか生きていけない」とよく聞くようになった。そんな簡単にはいかないよという人もいるかもしれないけど、「好きなこと」は自信がない自分を少しだけ強くしてくれる。

 

これからもどんどん好きなことをしようと思う。それが自分を強くしてくれるから。

 

いまはDJの活動がメインだけど、また歌う活動もやっていきたいなぁ。