夢を描くよ

人生のこと、服のこと、音楽のこと。あなたの背中を押すブログ。

夢を描くよ

MENU

僕が【Draw Dreams】を書く理由。続けることが未来を開く。

 おすすめ記事・こんな生き方もあっていい。様々な人生を書いた「Draw Dreams」

・【ピースボート】無料で世界一周する方法

・失敗が怖いというのは損。
スポンサーリンク

久々にインタビュー記事ではなく、自分の思いを書きます。

竜竜也です。

f:id:ryu-n-0225:20170709033240j:plain

 

【Draw Dreams】というプロジェクト名で、

僕の周りの面白い生き方をしている人、

自分らしく生きている人、

目標に向かっている人を取り上げて書いています。

 

なぜこのプロジェクトをしようと思ったか。

その経緯を書きます!

 

立派な理由ではない

先日書いた記事の通り、予定がなければ夕方まで寝ててもいい日々。

 

www.drawdreams0225.com

 「人と会う約束を作れば起きざるを得ないな」と思ったのですが、

せっかくブログをやっているのなら、

その人自身のことをブログに書こうと思ったのが始まりです。

 

メリットが多い

でも、このプロジェクトをすることによるメリットが多いことに気づきました。

 

僕にとっては、いろんな生き方を多く書くことによって僕のブログのコンテンツを確立させることができる。

これは他のブロガーさんにはない、独自のコンテンツになる。

「インタビュー記事といえば」僕のブログになれば、ブログのアクセスアップにつながる。

 

インタビューされた人にとっては、その人の活動を紹介することでその人の応援になる。

そこから繋がりが生まれたり、何かの依頼につながる可能性もある。

(実際に面白いことが起きました、それについてはまた後日)

また、インタビューをすると「初心にかえれた」と言ってもらえます。

その人自身が、自分のしていることを客観的に見れるのです。

 

もちろん読者にとっても、「こういう生き方があるんだ!」と背中を押すことができる。

そこから何か挑戦することになる可能性も十分にある。

 

僕としては、このブログの目的として

「誰かの背中を押してあげられるブログにしたい」と思っており、

ブログを通して何か変わるきっかけになれたら本望です。

 

学ぶこともたくさんある

もちろん、楽しいことばかりではないです。

その人の人生を書くわけですから、雑に書いたりはできません。

写真などのこだわりで注意を受けたこともあります。

 

でも、それを超える楽しさ、メリットがこのプロジェクトにはあります。

僕自身がその人の人生や考え方に触れて、奮い立たせられています。

 

インタビューする時は、話を聞きながらそのままタイピングで記録しています。

録音するのが確実ですが記事にするのにめちゃくちゃ時間がかかるので。

またタイピングの練習にもなります。

 

今現在、記事になっているのは15人、インタビューが済んでいる人含めたら23人になります。

まず目標としては50人。

ゆくゆくは100人を記事にするのが目標です。

 

ブログを通して、継続の大切さを何より学びました。

立てた目標は必ず達成する!

これからもどうぞ宜しくお願いします!