夢を描くよ

人生のこと、服のこと、音楽のこと。あなたの背中を押すブログ。

夢を描くよ

MENU

やり続けることで何かが変わる。ミュージシャンになるための苦悩と気づき。【Draw Dreams vol.2 スズムシラプソディ うお】

 おすすめ記事・こんな生き方もあっていい。様々な人生を書いた「Draw Dreams」

・【ピースボート】無料で世界一周する方法

・失敗が怖いというのは損。

僕の周りの面白い生き方をしている人、夢に向かっている人を紹介する

Draw Dreams」。

2人目は「スズムシラプソディ」というアーティスト名で活動する、うおちゃんです!

 

f:id:ryu-n-0225:20170520091018j:plain


 

 

スズムシラプソディというアーティストはどんな音楽をしているの?

 

 

バンドではなく個人で活動しているんですが、

アコースティックギターを弾きながら ルーパーというものを使って、

音をその場で重ねたサウンドに乗せて

ラップを織り交ぜた曲を演奏しています!

こんな感じです!


スズムシラプソディ - RC-300 (Music Video)short ver.

 

 

 

え、なにこれかっこいい!!

かなり斬新なスタイルだよね。

どうしてこのスタイルを取り入れたの?

 

 

ルーパーはチャットモンチーさんから、ラップはNakamuraEmiさんから影響を受けて取り入れました。

ルーパーとラップって相性がいいんですよ!

もともとオレンジレンジが大好きで、自分の音楽のルーツにもなっていたのでラップも好きだったんです。

 

なるほどねー。

 

音楽との出会い、苦労

音楽を始めたきっかけは、高校時代にSCHOOL OF  LOCK!というラジオ番組で
閃光ライオットという10代限定の音楽イベントを聞いていた時のこと。
 
自分と年が変わらない人がプロみたいな演奏をしているのに衝撃を受けて、自分もやってみたいと思ったそうです。
友達を誘ってバンドを組み、自分が言い出しっぺだったからギターボーカルを務めることに。
 
高校生の時からプロになるのを志していたそうですが、当時は部活や大学受験もあったので大学に入ってから本格的に活動をしようと思っていたそうです。
大学に合格し、音楽をしようと思ったがバンドサークルが無かったため、
学外でメンバーを探すことに。
 
メンバー募集の掲示板で見つけた、ボーカルが抜けてしまったバンドに加入することになり、バンド名を変えることになり「スズムシラプソディ」としてバンド活動をスタート。
 
スズムシラプソディが結成した1年後、Music Revolutionというバンドコンテストで勝ち上がり、ジャパンファイナルに出場することに。
会場は今は無くなってしまったSHIBUYA-AXで、イメージトレーニングをするために、
[Champagne]が2012年にSHIBUYA-AXで行ったワンマンライブのDVDを毎日見ていたそうです。
 
しかし、Music Revolutionの直後にバンドのリーダーが脱退することに。
かなりの実力者だったため、抜けた穴を埋めるのがとても大変だったそうです。
ようやくメンバーが決まったと思いきや、今度はメンバーとの間に気持ちのズレが。
 
HOT LINEというバンドコンテストのジャパンファイナルに出場が決まっていたがそこで解散という形に。
 

出会いの中での気付き

なかなか上手くいかないバンド生活の苦しみから、音楽を辞めてしまいたくなったそうです。
活動していく中で、
『ギターボーカルは完璧な存在であるべきだ。本当にプロになりたいなら、なぜギターの音をもっと追求しないのか。それができないのはおかしい』
という批判も受けます。
バンドは、お互い未完成なメンバー同士が支え合うものだという価値観を持っていたうおちゃん。
自分の価値観を否定され、苦しんだそうです。

そんな中、知り合いのバンドマンに対し、なぜ音楽をやっているのかと聞いたところ、
『学生の頃初めてロックバンドのライブを観て、最高な景色だった。
正直ギターの練習が面倒くさいときもあるけど、その素晴らしい景色を、演者として逆側からのぞいてみたくなったんだ』
と答えられ、いろんな価値観があるということに気づいたそうです。
 
そこでいろんな価値観があっていいのなら自分の価値観を否定したり、自分のことを大事にしないといけないということを思ったそうです。
 
一度は辞めてしまおうと思っていた音楽も、情熱が捨てきれなかったため1人での活動に挑戦することに。
いろいろなスタイルを模索していく中で、今のスタイルに辿り着いたそうです。 
 
 

プロを目指すに当たって、親とか周りの反対はなかったの?

 

 

大反対でした(笑)

親がそうしてきたように、大学を出て就職するというのが普通という価値観だったので。

高校生まではその通りにしてきましたが、音楽に惹かれてしまってからその価値観を疑うようになりました。

それでも一生懸命に続けていたら、頭ごなしに否定されることはなくなりましたね!

反対されてまでやりたいんだ、という自分の情熱を感じることができてよかったと思っています。

 

 

いつまでにプロになれなかったら、とかのリミットは決めているの?

 

最初は25歳までって決めていたんですが、やり続ければ何か起こるかもしれないと思ってて。

その時の自分を精一杯表現したいと思っているので、何歳までにこうなるっていうのは決めているんですがリミットは必要ないと思っています!

 

スズムシラプソディは6/2の楽園オンTHEビルディング、6/3のSAKAE SP-RINGに出演予定。

また8/19(土)にワンマンライブを控えているそうです!

詳しくはこちらのホームページから!

suzurhap.jimdo.com