読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を描くよ

人生のこと、服のこと、音楽のこと。あなたの背中を押すブログ。

MENU

Janne Da Arcファン歴10年の僕がオススメの曲とアルバムを紹介する

f:id:ryu-n-0225:20170428155737j:plain

http://eplus.jp/ath/word/22846

こんにちは。

バンドサウンド大好き竜竜也です。

小学生からMr.Chirdrenとポルノグラフィティを聞き、高校生でロックバンドにハマり、

歌うことも昔から好きで、「音楽」がとにかく好きでした。

現在もDJ活動やバンドをしています。

 

そんな僕が初めて本格的にハマったアーティスト。

それがJanne Da Arc(ジャンヌダルク)でした。

 

 

バンドの概要

Janne Da Arcは1991年(僕の生まれた年!)大阪府で結成したビジュアル系ロックバンド。

2017年現在は活動休止中。

26枚のシングルとインディーズ時代含め9枚のアルバムを出している。

 

メンバーは写真の左から、

ka-yu(ベース)、shuji(ドラム)、yasu(ボーカル)、kiyo(キーボード)、you(ギター)の5人。

yasuはAcid Black Cherryという名義でも活動中。

 

yasuの綺麗なハイトーンボイスと、超技術派の楽器陣がそれを支える。

エロティックな曲やラブソングが多いが、「ACID BREATH」や「風にのって」など社会のことを歌った曲もある。

 

バンドの魅力

まずはバンド全体の演奏力の高さ。

yasuは地声が高く歌もかなりの高音域を歌いこなす。

高校時代にハマっていた僕はJanneの歌をカラオケで歌っていましたが高すぎて全く歌えていませんでした。。

youの早弾きやka-yuの特徴的なベースライン、shujiの安定したドラム、曲によっては4台のキーボードを使った演奏もできるkiyoと、全員がミュージシャンとしての実力が高いのです。

 

そして楽曲の良さ。

ハードながらも聴きやすい曲がほとんどであり、yasuの書いた歌詞がさらに良さを引き立たせる。

「枯れない悲しみはいつか逃げない強さに変わるよ 君だけの物語(未来)を探して旅立とう地図にない場所へ…」(will~地図にない場所~)

エロい曲ばかりじゃないんです!(笑)

メンバー全員大阪出身ということもあり笑いのセンスも高く、ライブ中のMCもとても面白いのです。

 

とりあえずこれ聞いとけ!

ヴァンパイア(アルバム「ANOTHER STORY」に収録) 

Janner(ジャンナー、Janneファンのこと)なら誰もが知っているであろう曲。

エロティックな歌詞のハードなロックナンバー。

「突き上げて ウェットにさせて ハマらせて バイブレーション」

もうエロ全開。笑

この曲について有名なエピソードがあります。

Live  2005"Dealy"at Osaka-jo Hall 03.27で、ギターソロ後の部分でyasuが歌いながらファンの頭を抱き寄せ、キス寸前までいくということがありました。

 

僕の所属する「ジャイコナイト名古屋」では、この曲がかかるとこのエピソードを全員で真似るということをします。(笑)

f:id:ryu-n-0225:20170428173226j:plain

 

シルビア(アルバム「SINGLES」、「GAIA」に収録)

こちらは最初のタッピングが印象的なアップテンポなラブソング。

「ちょっと鏡を長く見ていつもより 慣れないシャツに早く着替えて さあ君の待つ公園へ」

とデート前のウキウキが伝わってきます。

ライブでも人気の曲です。

 

feel the wind(アルバム「SINGLES」、「GAIA」に収録)

こちらは別れた恋人の幸せを願ったアップテンポな歌。

「I'm feelin' the wind in the sky without your love だけどこれ以上は悔しいから綺麗にならないで

I'm feelin' the wind in the sky without your love ただ逢いたくて、逢えなくて 君の幸せだけ願うよ

悔しいから綺麗にならないでって、わかるな〜。(笑)

 

桜(アルバム「D.N.A」に収録)

 こちらも別れを描いたバラード。

 「もう次の雨で終わり告げる花びらを見て 君は新しい季節を誰かと生きてるの?

けれど覚えていて 君を愛していたことを 約束の言葉、、、「桜の花を目にしたら、、、」」

キーボードのメロディがとにかく綺麗。

ファンがライブで聴きたい曲ベスト5には入るでしょう。

 

Heavy Damage(アルバム「ARCADIA」に収録)

見下してきた相手(おそらく過去の対バン相手)に対して怒りを描いたハードなナンバー。

「アイツは俺をバカにした 夢見た理想を笑った」

ライブでは頭振りたくなります。。。

 

Stare(アルバム「Resist」に収録)

ライブの最後に必ず演奏するナンバー。

ファンへの感謝を書いた曲です。

「見つめてよ僕たちを 遠く高く羽ばたいてみせる もう二度と迷わない 空の向こう見せてあげるよ」

ファンにとって、Janneにとって特別な歌なのです。

 

オススメのアルバム

最初はシングル曲を集めたベストアルバム、「SINGLES」「SINGLES2」を聴いてみてください。

そこでもっと聴きたい!となれば「GAIA」「ARCADIA」「JOKER」あたりをオススメします。

 

最後に

書いててまだまだ紹介したい曲がたくさんあるのですが…

というくらいオススメの曲が多いのです。

 

Janne Da Arcは2007年から2017年現在まで活動を休止しています。

諸説ありますが、僕はJanne Da Arcの復活を願っています。

この記事を見てJanneを好きになる人が増えれば幸いです!