読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を描くよ

人生のこと、服のこと、音楽のこと。あなたの背中を押すブログ。

MENU

僕がブログを書く理由。発信力さえあれば生きていける!

f:id:ryu-n-0225:20170510114219j:plain

僕がブログを始めた理由。
 
それは、この時代は発信力さえあれば生きていけると思ったからです。
 
昔は、何かイベントをするにしても新聞やテレビなど、大きなメディアにお金を払って広告を出す必要がありました。
 

 

しかし、今はネットの時代。
SNSの発達によって、個人でメディアを持てるようになったのです。
 
その結果、ユーチューバーやブロガーという新しい職業が誕生することになりました。
 
個人の持つメディアがなぜ職業化できるのかと言うと、
SNSのシェアという機能がカギになってきます。
誰かが面白い記事を投稿する
読んだ人にシェアされる
シェアされまくると、投稿した本人が注目される
他の投稿した記事が良質であれば、ファンができる
信頼が上がり、その人のオススメする物が売れる
 
こんなイメージです。
 
このシェアという機能は本当にすごいです。
僕が現在、主催となって開催している『えんとつ町のプペル展名古屋』は、写真撮影とSNS投稿を歓迎してます。
実際に会場を見た人が写真を撮ってSNSに投稿、それを見た人がまた来てくれるといった流れを生むことができます。
お客さんが勝手に宣伝をしてくれるのです。

 

f:id:ryu-n-0225:20170510115823j:plain

 
この辺りは『えんとつ町のプペル』の作者、キングコング西野さんの著書『魔法のコンパス』にも書かれています。
かなりオススメです!!

f:id:ryu-n-0225:20170510115821j:plain

 
個人で発信力を持てば、物は売れるし、宣伝もできる。公演の依頼も来る。
最強のツールだと思っております。
 

発信しているとこんなこともある

起業家ブロガーのぶんたさん(@_BUNTA_)。

ひざうら(膝の裏のことね)が大好物だそうです。

 

ひざうら愛を発信し続けていたらこんなことがあったそうです。

www.buntadayo.com

 

好きなことを言い続けていたらアイドルと会えたとか超面白いっすよね!

こんなこともあるからほんとに何があるか分からない。

 

先日、ピアノの先生になりたい!っていう友人と話をした時にも

「ブログやるといいよ」と話しました。

理由は

 

ピアノのことを書いたブログを書く

それが読まれて「この人はピアノをしている人なんだ」と認知される

「ピアノを教えている」ということをブログに書けば、

「この人なら教えて貰いたいな」と依頼が来る

 

こんな感じです。

ブログ以外にもYoutubeに演奏動画を載せたり、SNSでピアノのことを発信もしたらなお良いですよね。

 

僕も好きなことをいっぱい書いて、それを仕事に繋げるぞー!

 
是非、何か行動を起こしたい人は『発信力』について考えてみるといいと思います!